意外と知られていないタクシー料金のからくりに驚愕!

この記事は2分で読めます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

街の中をたくさん走っているタクシーですが、
私達はタクシーって利用する割には、
意外に知らないことが多いのはご存知でしょうか?

そこで今回は意外と知らないタクシー料金のからくりについてまとめてみました。

スポンサーリンク

意外と知らない”料金”のからくり

料金メーター

タクシーに乗ってしばらくすると、どうしても料金メーターが気になりますよね。

友達とかと乗っていると、まだ運賃を割り勘できるのでいいですが、
一人で利用するとき、タクシー料金というのは、
できるだけ安く抑えたのが本音ですよね。

だから料金メーターが気になるんだと思います。

 

スポンサーリンク

運賃が上がる前に降りることができる!?

そこで料金メーターについて、知っておいたほうがいいことがあります。

 

なんと料金メーターは運賃が上がる前にサインが出るんです!

ということは、
行き先の近くになれば運賃が上がる前に降りてしまえばいいですよね。

料金メーターの運賃が上がるサインが出るところと言いますと、
料金メーターの横の「賃走」と書いてあるところの下です。

そこに運賃が上がる直前、
予告として白点滅4回 → 赤点滅4回ののサインが出ます。

点滅を確認したらすぐに停めれば、運賃を上げずに下車できます。

この点滅は、利用客へのサービスとして表示されているものだそうです。

ただし、すべてのタクシー会社の料金メーターに当てはまるわけではないみたいですよ。

また最近は料金メーターの下段に横長の棒みたいなものが溜まっていき、
右側いっぱいまでいけば運賃が上がる料金メーターもあります。

 

そこで、運賃はどのような決まりで上がっていくのか知りたいですよね。

ご存じの方も多いかも知れませんが、
タクシー料金の加算方法は、
走行距離だけでなく時間との併用になっています。

じゃあ、バックしているときは走行距離も時間も加算されるのでしょうか?

クルマがふつうに前進しているときは加算されますが、
バックしているときは距離の計測機能は停止しているそうです。
しかし、時間で加算する機能は働いているので、
たとえバックしていてもメーターは上がるというわけです。

 

スポンサーリンク

時速10キロ以下のときが高い!?

さらに驚きの事実があるのですが、
時速10キロ以下での走行時は運賃が最も割高になるんです。

ちなみに、
時間メーターは渋滞地域での不採算性を改善するために設けられたものだそうです。

つまり、時速が10km以下となると、
時間を距離に置き換えて料金が加算されるそうです。

これを知ってしまったら渋滞や、長い信号待ちなどで止まっているときは、
ドキドキしますよね。

 

スポンサーリンク

高速道路に乗った場合の運賃はどうなる?

タクシーで高速道路に乗ることなんてまずないと思いますが、
万が一、乗ることになったら運賃はどうなるのでしょうか?

タクシーの運賃は走行距離と時間が関係していることは先ほど言いましたが、
高速道路を走行する際は、時間は加味されなくなるんです。

料金メーターの機器に『高速』というボタンがあるらしく、
高速道路のインターチェンジに入るときに押すみたいです。

すると、走行距離だけが加算されていくようになるんです。

でも、タクシー自体にそんなに乗ることがないのに、
ましてや、タクシーで高速道路に乗るなんて考えられませんよね。

よほどのセレブだったら別でしょうけど・・・。

まあ、緊急事態が起きて、どうしてもタクシーで高速道路を利用することは、
万が一あるかもしれないですね。
私は考えられませんが・・・。

 

以上がタクシー料金に関する意外と知られていないからくりでした。
皆さんの知識になって少しでもなっていただけるとうれしいです。

 

でも、私としてはタクシー利用することは基本的にもったいないことだと思うので、
皆さんもできることなら利用を控えめにされることがおすすめしたいと思います。

間違ってもタクシー会社の営業妨害ではありませんよ(笑)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 忙しい
  2. 薬
  3. 紙幣
  4. 冷蔵庫
    • そんなこと急に言われても
    • 2017年 3月2日 14:13

    車は急に止まれない。という言葉どおりに上がる寸前に言っても安全確認・止まっていい場所なのか等で、この上がる寸前に降車すればいいは、少し表現としては如何なものかと思います。

    • admin
    • 2018年 4月20日 3:28

    先ず、メーター上がる寸前に止めたいっていうセコい貧乏人はタクシーを使わないと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。